TORAY 東レコーテックス株式会社 TORAY COATEX CO.,LTD.
会社案内

CSR

     
   
 
   

◆環境保全活動への取り組み

1.大気汚染の防止

(1)揮発性有機化合物(VOC)の排出抑制

当社は法規制の対象外だが、自主的削減計画を立案、実行する必要があり、既存処理設備と今後導入を目指す効果的な新VOC処理設備を組み合わせて、計画的に対応していく考えである。

 

(2)SOx、煤塵排出量について
当社は重油使用の水管ボイラーを廃止し、都市ガス専焼の小型貫流ボイラーに切り替えたために、SOx排出量、煤塵排出量がほぼ皆無になった。

 

(3)地球温暖化対策の温室効果ガス削減 について
ガスコージェネレーション設備の導入により、約10〜15%の省エネを実施し、CO2ガスを全電源電力比10%削減します。

 

2.水質汚濁の防止

当社の排出先は京都市下水道であり、下水の水質基準が適用されます。
平均水量は約700 t/日で主として染色関係の用水と工程の洗浄、冷却水としての使用が主となっています。
特定施設は主に染色、精錬、含浸設備です。

排水処理は「中和処理」を行っています。
また含浸設備で排出される溶剤を含んだ排水は左記の写真の「蒸留装置」(回収装置)を使用し溶剤を回収して、これを再利用するシステムとしています。

 

3.廃棄物の削減

全社共通目標

総廃棄物の排出量の前年よりの削減を目標に取り組んでいます。
(一般廃棄物3%、産業廃棄物2%、特別管理産業廃棄物1%の削減)
削減のためリサイクルや加工品種切換の頻度を低減することで発生の抑制に努めています。

 


ENGLISH COPYRIGHT(C) TORAY COATEX CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ご利用条件 サイトマップ