TORAY 東レコーテックス株式会社 TORAY COATEX CO.,LTD.
技術紹介

ポリウレタン微多孔構造展開分野

★高精度精密ポリシング材(研磨クロス)   

ポリマー合成技術による独自機能性ポリウレタンと湿式微多孔形成技術の融合は、最先端のIT(情報技術)分野においても注目を集めています。 半導体のシリコンウエハ、ハードディスクのアルミ、ガラス基板部品の製造工程では、オングストローム単位の平滑性が要求されます。この超精密ポリシングを実現したのが、当社の微多孔膜形成研究から生まれた特殊研磨クロスです。当社の技術開発の結晶ともいえる製品です。



★防水透湿素材(アウトドアスポーツ衣料・レインウエア・防寒衣・建材)   

ポリウレタンをベースとした微多孔制御技術は膜表面の孔の大きさをナノメーターレベルから数マイクロメーターの極めて小さな孔に制御することに成功しました。この微多孔が雨や水滴より小さく、水蒸気よりも大きいため、雨や水滴は通過することができず(防水性)、水蒸気は通過・発散できる(透湿性)という相反する機能を両立させました。

素肌のように呼吸する素材"エントラント"は東レとの共同開発による透湿性防水加工素材です。さらに均質な微多孔構造を実現し高機能化したエントラントV,エントラントWタイプや膜面に特殊な処理をして、「さらっとした感触」「落ち着いた浮き彫り調の外観」「滑り特性」を有した一枚物でも展開できる、軽くて、着心地のよい快適性素材の"エントラントDT"等絶えず進化をさせています。

"エントラント"  

※ "エントラント"は東レ株式会社の登録商標です。

この防水性と透湿性を兼ね備えた機能素材を、スポーツ衣料だけでなく、非衣料分野への展開も推進しています。

非衣料分野への展開例
<屋根下葺き材:透湿防水シート>
 

★人工皮革・合成皮革   

自社での原料ポリウレタン開発および湿式微多孔膜と表面加工技術を駆使して、高機能合成皮革を開発。ポリウレタンの微多孔構造に変化を加えることにより、優雅でしなやかな風合い、ドレープ性、皮革らしさ、高透湿性、通気性、高耐摩耗性等、優れた感性と機能を備えた製品は高い評価を得ています。 展開分野は「ファッション衣料」「手袋」「履物」「家具・内装材」「化粧用パフ」等広い分野で活用されています。

<手袋>
<航空機内装>

ENGLISH COPYRIGHT(C) TORAY COATEX CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ご利用条件 サイトマップ